Now Loading...

Now Loading...

津波浸水域予測/対策

2011年東日本大震災時の津波災害以降、今後予想される東南海地震等を対象に、想定される津波の大きさ、陸域侵入範囲の推定、沿岸防潮対策・避難対策が各地で検討されています。

統合型水循環モデルでは、陸域地形および沿岸海底地形をモデル化し、侵入する津波の地下浸透効果、河川との相互干渉を含め追跡することができます。なお、使用する手法は拡散波近似と呼ばれるもので、侵入範囲の予測などには有用なもので、一般的なダイナミックウエーブの解と類似の解が得られます。

  • 精細な地形情報に基づく陸域地表面・河川・地下浅部地質の3次元モデル化
  • 沿岸部における想定波高を与えた津波侵入範囲・水深分布の予測、排水過程の予測
  • 沿岸部防潮施設の効果に関する検討
  • 沿岸部農地塩水化および以降の降雨による淡水化過程の追跡、など。

下図は東日本大震災時の仙台平野の津波侵入域の再現事例です。水平解像度10mの格子システムにより侵入時の動きを図化したもので、侵入経路や最大浸水範囲はほぼ観測結果と同じとなりました。

Contact

お問い合わせ

弊社のサービス・ソリューション等についてご興味のある方は下記からお問い合わせください。

メールフォームからお問い合わせの場合はこちら

お電話でお問い合わせの場合はこちら

03-5297-3811

受付時間 :平日10:00〜18:00