Now Loading...

Now Loading...

表流水資源の評価

 表流水を主たる対象とする流域解析では、河川流量、自然湖・ダム湖への流入量、貯水量の季節変化・年変化などを再現し、洪水時や渇水時のダム放流操作や人間活動(取水、地下水揚水、河川改修、土地利用の変化等)を考慮した表流水資源量の安定性の評価、渇水時の予測・対策等の検討を行います。
統合型水循環モデルによる解析では、モデルに広域の地質情報も反映され、地下浸透・河川への湧出など地表・地下流動系全体が描き出されます。具体的には以下のような検討と評価を行います。

  • 流域情報収集(気象、地形、地質、植生分布、土地利用、水利用など)、必要な水文地質調査等の実施
  • 流域における降水・蒸発散・地表水・地下水の相互作用を含めた流域モデルの構築
  • 長期間のハイドログラフマッチング、地下水位観測とのマッチングによるモデル信頼性の確保
  • 利用可能表流水資源量の季節変化等の評価、水資源利用計画の適正化
  • ダムオペレーションに関する検討
  • 渇水時を想定した表流水資源量予測他

 

下図は、3つの流域の地表水評価を行った事例になります。

流線軌跡(流動経路)・・・地表面または地下を出発点とする粒子の流れの軌跡を描いたもの。粒子の流れは、地表水および地下水の流れを表します。
地表水分布・・・地表水の分布域と等水深コンター図を合成表示したものです。季節変化や豪雨時の浸水域変化を捉えることが可能です。

Contact

お問い合わせ

弊社のサービス・ソリューション等についてご興味のある方は下記からお問い合わせください。

メールフォームからお問い合わせの場合はこちら

お電話でお問い合わせの場合はこちら

03-5297-3811

受付時間 :平日10:00〜18:00