%e6%9d%b1%e6%97%a5%e6%9c%ac%e5%a4%a7%e9%9c%87%e7%81%bd%e3%81%ab%e9%96%a2%e3%81%99%e3%82%8b%e5%bc%8a%e7%a4%be%e3%81%ae%e5%8f%96%e3%82%8a%e7%b5%84%e3%81%bf%e3%81%ab%e3%81%a4%e3%81%84%e3%81%a6

東日本大震災に関する弊社の取り組みについて

2011.06.21

津波、海水による塩害、放射性物質の放出等の複合災害によって被災した国土及び地域水循環への影響は、地域の気象、地形、地質等の自然条件によって異なり、その実態把握は容易ではありません。弊社では、災害発生後の流域水循環系における水の量と質の変化を数値シミュレーションによって復元し、同規模の災害発生に備えた教訓を再確認すると共に、今後の復興事業や様々な環境修復の効果予測に取り組んで参ります。